泡みたいな生きもの

プログラミングを無料学習サイトと本で学んでいく記録

作りたいものが出てきました

こんばんは。mallowです。
離職票が届かず、まだかまだかと思いながらコード書いてます。
日付では3/31に辞めたことになっているので、だいたい2週間くらいで手続きできるわよ(by上司)とのことなので、もうちょい待ってみます。

仕事辞めてよかったこと

よく言われることかと思いますが、自分の気持ちと向き合う時間が長くなりました。
自分は昔からこれをやりたかったんだ!という事をやれていると、毎日に満足してきます。
 
前職では明らかに環境に不適応を起こしてフリーズしたり、ひっそり泣いたりする事も多かったです。
 
聴覚過敏もあったので、社長が怒鳴ると一気にストレスが体にかかるのが自分でもわかりました。
辞めたいと言ってからも、無駄に半年ほど引き止められてズルズル続けてしまったので、
(人が来ないしそれほどスキルもつかない)
思い切って辞めて、今のところは良かったなと思ってます。
ただ生活の面を実家にお世話になっているので、ものすごく口うるさいことは言われます。耐えましょう。

デザインは好きだった

もともと学生の頃から、フリーペーパーやカタログ、小冊子を集めたり、web素材集や配色の本を買っては眺めて喜ぶような生活をしていました。フライヤーみたいなものを自分で作ったりもして。
本当は学部もデザイン系や好きなところに行きたかったんですが、親に進路を決められてしまったのでひとまず資格だけとって今に至ります。
WEBデザイナーとかコード書くような人になりたいなー、と昔から漠然と思ってはいましたが、空いた時間に勉強するだけの余力はありませんでしたね。グループ実習に気力を持って行かれてましたので。
 

作りたいものができました

本当はもっと大きなもの(具体的にはコンセプトのあるゲーム)を作りたいなという野望があるのですが、
今はプログラミング初心者なので、徐々に徐々にいこうと思います。
 
まず作りたいのは、シンプルなカウンター(広告なし、自分用)です。
タップしたら数字が増えたり減ったりして、リセットを押すとカウントが0になるくらいの、ただそれだけのシンプルさ。
アプリ開発者って男性が多いのかもしれませんが、女子向けのちょっとおしゃれなカウンターってなかなか見つからないんですね。フォントは好みだけど色合いがなんかなーとか。
だからこそもう、自分で自分用に作るしかないなと思いました。
ちなみに今使っているものは、画面の遷移のたびに動画広告が出るので若干うざいです。
でもアプリ製作者のかたも広告費欲しいよね…生活かかってるよね…と。でもうざいものはうざい。
用途としてはスマホドラクエやりつつ戦闘回数のカウントをしたりとか、
グラブルやりながら戦闘回数の(ry)
つまりほぼほぼゲーム用ですね。
 

で、いつやるの

やる気が出たら。。。