泡みたいな生きもの

プログラミングを無料学習サイトと本で学んでいく記録

会社やめます

そうなんですよ。愚痴は言ったらきりがないですが。

 

先週、上司(と言うか社長の奥さま)に話し、10月末で区切りをつけましょう、ということになりました。

 

以前どこかで書いたかもしれないのですが、
わりと体育会系でモラハラパワハラの多い業界の、家族経営の零細企業で事務員をしています。
もちろんパートで。事務はお金を生まないからパートでいいんだとか(社長談)。きゃ。

 

とにかく社長と、ひいては会社の仕事に対する考え方全てに合わないのです。

 


このモラハラクラッシャー社長(仮)、近隣住民に対して暴言を吐いたり、深夜に夫婦喧嘩をして警察を呼ばれたり、社員を殴ったり、
まあいろいろしております。

 

2年勤めましたが、どうやら直る気配はないようです。

 


ちなみに副社長(社長の奥さま)はフリーメイソン陰謀論にはまる、わりと残念なマウンティング女子(としておきましょう)です。

 

あ、もちろん夫婦間DVもあります。何度か目撃してるので…。

 

社長自身の生い立ちなど、考察すべき点は無くもないのですが、まずはこちらの身の安全が優先です。

 


さて。
私はいわゆる、
よくある自己肯定感が低く、
ストレスが自覚できず、
自分を大事にできない系女子です。
(と、人に言われて自覚しました)


ぶっちゃけてしまうと親が過干渉で、ちょっと気持ち悪いくらい厳しいです。
(この辺は近年の毒親ブームにおいて色々調べたり回ってきたものを読んだりしました。)


そりゃあゲームに逃避します。
現実がどうしようもないので中高とゲームばかりしていました。友人も変わった子しかいなくて。

ただ、ゲームの音楽は好きだったので耳は鍛えられました。たまに作曲したり耳コピとかします。小銭を稼げる程度に。


辞めるぞ、転職をするぞ、となったとき、
まず浮かぶのは絶望感です。

 

 

出勤前に『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』という本を立ち読みし、
(立ち読みどころかじっくり読んでしまった、帰りに買おうかな。あとでリンク貼りますね)

 

みんな辛い思いをしているけど、人の事は気にせず、自分はとりあえず今の職場から離れることを考えよう、と決意が固まってきました。


ということで、今は会社に憎しみしかありません。

袈裟まで憎いです。