泡みたいな生きもの

プログラミングを学習サイトと本で学んで就活をする記録

webアプリは結局ターゲット層を定める事なのではないかという話

みんなー文化してるー?mallowです。
最近はスマホアプリは歌マクロスほぼ一本に絞り、遊んでいます。気が楽…。


ガールズちゃんねる。

あまり積極的には覗かないけど、世の中の何割かの女性の頭の中はこうなんだ、と実感するために月に1回くらい覗いています。

よく伸びるネタは芸能ニュースとか。あとは女性タレントや皇室へのバッシングとかもよくありますね。
いやー好きくないなー。

アクセス数が伸びるということは広告表示回数も上がるという事ですから、ガルちゃんの各コメントに押されているプラスマイナスの数を考えれば一日のアクセス数の目安か何かが算出できそうな気がします。しないけど。


で、もうちょっと調べてみるとアンチガールズちゃんねる派の受け皿のような掲示板サイトも出来ているんですね。興味深いです。
ある程度のアクセスがあるんだろうなー。発想の勝利だなー。

 

*


ネット上では日々いろいろな事柄が炎上などしているわけですが、
プログラミングを始めると、

SNSのそのボタンは作れるよ、とか、
そのCSSアニメーションは作れるよ、とか、
人の意見のたかが文字データにまじになっちゃってどうするの、そのログは残るよ、

とかみたいな、ちょっとメタ的な気持ちになってくるんですね。
これはめちゃめちゃ大きな利点でした。

批判はただの文字データである。
もっと言うと2進数ですね。

それに日頃から、特にCSSの挙動について考える事が明らかに増えたのはとてもいいことです。

 

あ。アクセスといえば。
最近、LINEbotで1000万の収入を得ている高校生たちが競合相手にダイレクトアタックをかけたニュースがありましたね。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201909/CK2019092502000265.html

(相手の住所はどこから特定したのやら。やっぱりSNS画像の光の加減や瞳の中の映り込み?)


これも扱うネタの選び方と発想の勝利ではないでしょうか。


LINEbotはpythonで作れるとか。
他にも月額で使える便利ツールがあったりするようです。へー。

https://dotstud.io/blog/line-bot-with-hachidori/


bot制作を10万から請け負っている会社さんなどもあるそうです。へー。

そうだデータセンター、行こう(思いつき編)

こんにちは馬の骨です。mallowです。

 

そういえば今年の4月にIパスに合格しました。それだけなんですけどね。


今私はIT分野の勉強をしてはいるものの、サーバーというものについてあまりピンときていないのが現状です。

 


情報系の学生さんなら、学校にサーバーがあったり、学校で見学に行ったりなどできるのかもしれません。

 


しかし私は非情報系。

 


IT企業にはサーバーなんてたくさんあると思いますが、(入社できれば見放題だと思いますよ)

面接に行く段階では大体入らせてもらえない。応接室で止められます。

 


「サーバー見てもいいですかー?」と面接で聞く余裕はないし、そもそも面接を乗り切ることで今のところ精一杯。

 

 

 

うんうん!

なら見学しに行けばいいんじゃないすか。合法的に。

 


さっそく、データセンター  見学  で検索してみる。

 


さらっと見てみたところ、大体のところは応募フォームで企業名の入力が必須になっています。


企業名をでっち上げる事も一瞬考えましたが、リスクがありますね。

どこの馬の骨だかわからない人は入れられない、ということなのかもしれません。

 

どうもこんにちは馬の骨です。


(平沢曲は夢みる機械が好きです、この間のフジロックは配信で観ていました。エントロピー!)

 


仕方ないかー。一旦保留して他の方法を探します。

自分自身のことをふりかえる。その1

幼少期


幼稚園の時に、自分で作ったものをクラスのみんなに見せるのが怖くて恥ずかしくて泣いた記憶が一番最初です。

ごっこ遊びってありますよね。
普通はセリフを考えながら進行するものだと思いますが、
幼稚園児の頃は、セリフを相手の女の子に全て指定され、それをおうむ返ししながら進んでいく感じの、
今思えば結構異様なごっこ遊びをしていました。
(セリフを自発的に考えないごっこ遊びって遊びでもなんでもないのでは?と言うか支配なのでは?)

相手の女の子も家庭に問題があったので、支配するほうに性格が向いてしまったのを私で発散していたのだと思います。みんなつらい。

余裕がなく、常に受け身な幼少期でした。


あ。小学校からはいじめもありました。男の子に囲まれて暴力を振るわれたりとか。(子供はやんちゃだから仕方ない)

両親のいない男の子に好かれてしまい、友達に相談したら縁を切れと言われたので縁を切ったら暴力を振るわれるようになったりとか。
(彼にはさみしい思いをさせましたね)

ちょっとこの時期は色々ありすぎて、、、

 

中学と高校

 

色々ありすぎた後遺症で人の笑い声が怖くなり、中学の頃は廊下で笑い声が聞こえるとよく逃げ出していました。

中学高校の頃の友人のひとりは、日々の鬱屈を空想と猟奇小説を書くことで発散していた女の子でした。
厨二病と表現するべきなのか、良きクリエイターと表現するべきなのか、少し言葉に迷います。

彼女がクラスの人に暴力を振るった時は(おそらく彼女自身にとっては暴力だという自覚もない)、代わりに私が謝っていました。
ただ、彼女を通じて知ったサブカルチャーや音楽も多かったです。

勉強は嫌いじゃなかった


人に唯一褒められたからなのか、親から勉強を強制されなかったからなのか、学ぶことは嫌いではありませんでした。
ただ、上には上がいることも十分わかっていました。
私は常に音楽を聴きながら勉強していたので、だいぶ効率が下がっていたのではないかと思います。

音楽も嫌いじゃなかった


もともとは、親の罵声や街の喧騒をシャットアウトするために音楽に逃げていたようなものなのですが、
聞いているうちに好きな音楽の傾向が見えてきたり、分析できるようになり、
そこからは夢中になって、図書館やTSUTAYAでCDを片っ端から借りまくりました。

私は絶対音感があったようで、
自覚をしたのは、幼稚園の卒園式で流れていたG線上のアリアが音名で聴こえた時です。
今でも大変助かっています。趣味や仕事で。

家庭のこと


両親は、依存症とまではいきませんが、休日や平日の夜に遅くまでパチンコに行く生活をしていました。
たまに学校から帰ると家の鍵が開いておらず、鍵をもらうために両親を探しにパチンコ店まで行ったのをよく覚えています。
両親にとっては、遊ばないとやってられない、というやつですね。

その頃からパチンコ=とても騒がしいもの、タバコの臭いがするもの、というイメージがつき、今でも良いイメージはありません。

親がいない時間には一人で本を読んだり勉強したり遊んだりできていたので、ある意味自由でした。
ただ家族の団欒は何もなかったです。優しいお母さんなんて空想の産物だと思っていました。

その反動なのかはわかりませんが、私自身は優しい人に憧れ、優しい雰囲気を持った人になろうとしました。
ギャンブルはせず、静かな家に住み、心地よい服を着て穏やかに暮らすことをずっと考えています。


一旦ここで区切ります。

詰んだのか詰んでないのか。

twitterをやめるのは2回目です。こんばんはmallowです。

twitterは有益な情報が流れてきますが、それが大いに勉強の邪魔になっていたこと、

それから周りの健康な人たちがどんどん就職が決まっていくのが辛かったのが理由です。

 

エンジニア系アカウント以外にはゲーム系アカウントをいくつかフォローしていました。

 

楽しかったのですが、
ゲームやコンテンツに自分が支払えるお金には限界があるし、世の中のエンタメやコンテンツにあまり進化が見えないし、そこまで楽しいと感じられないし、(きっと鬱の症状)


よし死んでもいいか!(社会との繋がり的にも身体的にも)とさっぱりと思えるようになったのも理由にあります。

 


マクロスの公式アカウントだけ見れればいいなと考えたらtwitterは割とすっぱり辞められました。

 


あとはいわゆる駆け出しエンジニアと繋がりたいタグに馴染めなかったのも大きいですね。そういうタグを使うみなさんはポジティブだから…。

 


私はストレスの知覚がとても鈍いところがあるので、限界が来ないと物事をやめられないのです。面倒な。

 

 

 

6月から、派遣バイトをしつつ勉強もしつつ、体調と相談しながらIT企業を中心に10社くらい面接を受けました。バイトとしての雇用も含めてです。

夏場にスーツは辛いですね。非効率だし。

冬は鬱、夏はひどい暑さ、果たして私は生きていけるのでしょうか。

 


就活にはハローワークと@typeを使っていました。

正社員未経験でもスカウトは来るんですね。

多分無差別に送っているんだと思いますが。

 


自分としては就活を頑張っているほうでしたが、これでも普通の人から見れば少ないくらいです。

単純計算すると一年で40社ちょっと受ける計算になります。

おそらく今の自分のままではどこにも受からないと思います。話し方やスキル的にも。


ちょっと頑張って普通の人っぽく話したりはしてみるんですが、話すうちに段々と言葉が詰まってきたり、ボロが出てきます。

世の中に適応できる人は本当に凄いですね。

 

 

 

ただ勉強はやめません。とてもいい趣味になるしそのうち仕事になるかも。

 

 


・Progate有料コースはじめました

 

通称「現場Rails」というRailsの本を人から紹介していただき、購入して勉強していたところ半分くらいで詰まりました。

Rails界隈ではまずProgateのRailsコースを一周してからRailsチュートリアルをやるといいらしく、

そんなわけで始めましたProgate。にんじゃわんこ久しぶり。

 

とりあえずなんとなく始めたら、HTML/CSS道場コースの初級にまさかの2時間かかりました…ここまでできないのなら数をこなすしかないのか…

マクロとマクロス

マクロスΔにはまりました。もう大変です。mallowです。

もともとFをちょっと知っていた程度

5月の全マクロス大投票を見たのをきっかけにマクロスΔに興味を持ち。
6月のマクロスクロスオーバーライブ(ライブビューイング)に行き。

この間のおしゃれマクロスΔ 夏色のワルキューレも実は初日に行ってきました。
求職中なのをいいことに。


アニメ系のグッズ販売ってどんな感じなんだろうな〜、
平日だし学生さんが多いかな?
と思ったら、学生さんから大人まで400人以上並んでいてさらに転売ヤーもいたらしく、
だいぶ場が混沌としていました。
目当てのもの(ルームキーホルダー)は買えましたが、人が多いので暑いし湿気もものすごかったです。

あ、推しはワルキューレ全員です。ミラージュさんも好きです。よろしくおねがいします。


イベントごとを自発的にいろいろ経験して、
それで何か悟りを開いたのか憑き物が落ちたのか、
何か目的を持って外に出ることに対しての壁みたいなものが無くなったんですね。
目的があるなら面倒がらずに行かなくちゃ、って。

そういったわけで今、わりと精神的に健康なほうです。
マクロスすごい。歌は生命。歌は元気。
正直自分が一番驚いています…。

 

就活もするんよ

で。その健康さを維持した状態で就活もしていて、いくつか収穫がありました。

あ、内定ではないです!大抵面接で落ちます。

主にハローワークで求人を検索し、web系(フロントエンド)とエンジニア系を並行して受けています。

web系の求人はかなり少ないです。
よってエンジニア系も受けているのですが、
面接で、どうしてこの業種を目指そうと思ったんですか?と聞かれますよね。

「仕事でVBAに触れたのがきっかけでプログラミングをやりたいと思ったんです」と言うと、

ほぼどこの会社でも「excelマクロは組めますか?」って聞かれるんですね。
本当面白いくらいに聞かれます。

そこで「編集と書き換えとかちょっとやってたくらいなんですけど…」と正直に答えて落とされてます。
面接でスキルを盛る勇気はないので。。。(痛い目を見たことがあります)

やっぱりマクロ組めるのは実績になるし話も早いですもんね。わかります。


私のポートフォリオはweb系寄りなので、web系志望の人だと判断された上での「マクロ組めますか?」質問なんだと思うんです。
何か組むかー。

いつのまにやら

こんにちはmallowです。

さきほど「このブログが月間100PVいきましたよー」という通知を見て、「あらまぁそんなことに」と思い、ちょっとまた何か書いてみようかなと戻ってきました。

 

最近のこと

訓練校に通っていたことは書いていたかと思いますね。今は就活中です。
ハローワークだったり求人サイトだったり、「ここ面白そうかなー」と思った会社さんにアタックをかけています。

理由は後述するのですが、今はとても調子のいい時期のようで、割と緊張せずに(慣れなのかもしれませんが)対話やメールでの応募、質問などできているなと感じています。

 

あと、ポートフォリオサイトを作りました。
これも調子が良くなったおかげといいますか、目標に向かって物怖じせず面倒がらず悲観せず、動けるようになったのはとてもいいことです。ただここに公開するかはちょっと迷ってます。

冬が明けた、薬が増えた

日々飲んでいる安定剤の中に、漢方薬が増えました。
ツムラの神秘湯というもので、本来は喘息や呼吸器系の治療に使うものらしいのですが、安定剤目的として服用しています。
で、めちゃめちゃ調子がいいです。不思議なことに。

ドットインストールの有料会員になりました

このブログの説明文に「無料サイトで学ぶ」と書いてあった気もするのですが、
はっきり言います。知識欲に負けました。

作りたいものの作り方をネットの海から調べるより、方法がまとめて書いてあるものに課金した方が早い!
ということに気付いちゃいましたよ。今はJavaScriptでクイズアプリ作ってます。

こんなところか

ともかく、私生きています。学習も続けています。ここを見ているかもしれないみなさん(いれば)引き続き宜しくお願いします。

冬の鬱はつらいよ

こんにちはこんばんはmallowです。古戦場からは逃げてます。

冬だよ、薬が増えたよ

このブログに書いたか書いてないか覚えてないのですが、私は20代の頃から向精神薬やら胃薬、軽い安定剤などを処方してもらっています。

 

ここ最近は冬のせいなのか気分の落ち込みも激しく、「就活無理じゃね…?」「世の中に取り残された…」とか色々ネガティブになり、周囲の一言に一喜一憂し、気分転換もできず、またコードも書けなくなくなりました。集中力も途切れる。

 

よってサインバルタの量が増えました。1週間くらいすると効いてくるからね、とのことです。

 

就活について

ハローワークの集団面接会で、研修のしっかりある良さげな企業(金融系SES)を見つけて後日適性検査を受けさせてもらうも、落ちました。

落ちた理由を考えても仕方ないんですけど、年齢や性別や外見で落ちたのなら素直に諦めます。これはどうしようもないので。

 

現在は、職業訓練校の就職相談科にキャリコンの申し込みをしたり、他の企業に応募したりしています。が全く音沙汰が無いです。

これがいわゆるサイレントお祈りなのか。そんな気がする。

 

C言語は可愛くない(その2)

明解C言語も中級編。

中級編ともなると慣れたもので、文法のケアレスミスはほぼ無くなりました。

 

ただ、clock関数を使って経過時間を取得する動作がどうしてもうまくいかない。

 

 

start = clock();

//ここに処理

end = clock();


printf("%d秒かかりました",  (double)(end - start) / CLOCKS_PER_SEC);

 

明解C言語をお使いのみなさん。結構いろんなところで出てきますよね、このコード。


少しぐぐったところ、windows環境だと問題なく動くみたいなんですね。
なのでもしかするとgccコンパイルしてるからなのか、それともやっぱりmacだからなのか、わかりませんが。

私の環境だと処理中や問題解答中の経過時間に関係なく実行結果の数値が固定されてしまうようで、どうにもなりませんでした。


質問サイトとかだと、時間を図るならtime関数を使ってね、という回答はよくあるんですが、どのように書き換えたらいいのかという例は載っていなかったです。もしかすると私に答えを検索するスキルが無いだけかもしれないけど。

 

Railsってどうなのか

名前はよく聞くRails

Rubyは書きやすくていいですね。短いし。

Rubyを学んだら次はRuby on Railsを学べ、そしてWebアプリを作れ、とかよく言いますよね。さも簡単なように。

RailsでWebアプリケーションを作ってニートが未経験からIT企業に転職しました、みたいな記事とかたまに見かけませんか?(あれはどこまで本当なんだろう、釣り?)

 

ただ最初の感想が「このマークはヘルバオムでは・・?」(ドラクエ脳)しかなかったです。

レールじゃなくて根っこだよね。見えるよね。